昔っぽいデザインの指輪

(30代 女性 ジュン)

60年代~70年代を髣髴とさせるようなレトロなファッション、今年の夏ファッションでもトレンドが続いていますよね。

どんどん、昔っぽいようなデザインが見直されてるのかな。

去年、ユニクロからリリースされていた浴衣は、竹久夢二や中原淳一のデザインしたテキスタイルが使われていてそれはそれは可愛らしいものでした。

なんとなくのイメージで申し訳ないのだけれど、ちょっと毒のあるような大胆な柄や色合わせ(黒白のストライプに真紅とか)のワンピースや浴衣に、こういうアンティークなデザインの指輪を合わせると「レトロモダンな雰囲気がだせるんじゃないかな?」と思って思わず購入してしまいました。

瑪瑙(めのう)のような渋めの赤で、ちょっぴりおばあちゃんぽいのがポイント。

それから、駄菓子屋の指輪セットで子供のときみかけたような縦長のフォルムと台座の細工の感じにただならぬレトロを感じましたの。

宝石じゃなくてガラスなのであまりお値段もはらず、そっちの点でもとっても魅力的だなぁ、と思いました。

店の人に聞いてみたら、昭和初期から遅くても30年代までに出回ったものとか。

私、そのくらいまで時代のキャッフェーの女給さんというものに小さな頃から憧れがあって、坂口安吾の退廃的なガールフレンドの話とかに興味があったから、この安い指輪手に入れたら、その世界や、あの時代への切符を手に入れられたみたいでしばらく妄想にふけってしまいました。